Top >  メニュー >  幼馴染との初恋

幼馴染との初恋

"私の初恋は小学校1年生の時。
幼馴染です。
ありきたりですね(笑)

2つ年上のおねーさんがいて、
キレイで、優しくて、面倒見のよい人だったので、
よく遊んでもらっていました。
その弟にあたるのが初恋の彼です。

偶然にも同い年で、同じクラス。
しかも隣の席でした。
3人兄弟の末っ子の彼と、長女で人一倍ボーっとした私。
彼から見るとまどろっこしくて仕方なかったんでしょうね。
よく世話をやいてもらっていました。

しかも、彼はまるで少女漫画の主人公のように、勉強もスポーツも万能でイケメンでした。

私たちは自然と一緒に帰るようになり、どちらかの家で宿題をする仲になりました。
彼の家には、いつも誰かがいて、通りすがりに勉強を教えてくれました。
2桁の足し算は、彼のお母さんに教えてもらいました(笑)

小学1年生ですので、特にそれ以上のことが起こるはずもなく、淡い思いを抱いたまま、ただただ月日が流れていきました。

中学2年の時、また同じクラスになったのですが、
私の友達が彼を好きだと噂がたちました。
しかも本当でした。
私も本人から直接聞いていましたから。

不安な日々を過ごしていたのですが、
彼の友達がこっそり教えてくれました。
「アイツな、お前がいるから、アイツと付き合う気はないらしいよ。」

ビックリしました。
あの頃以来、特に話をすることもありませんでしたから。

結局、高校まで同じだったんですが、小学生のあの頃以外は全く何もなくただ淡い思い出だけです。

彼も今は結婚したそうです。
ただ幸せに暮していてくれるといいなぁと思います。

"

メニュー

関連エントリー

結婚相談所の種類 結婚相談所での流れ 結婚相談所に興味を持っている人とは 結婚相談所のイメージ 結婚相談所のアドバイザー .第一印象はプロフィールと写真である 女性が男性に求めるもの 男性が女性に求めるもの 相手の方とデートをする時のポイント 条件に拘り過ぎない事 海外ウェディングはバリ島で 恋愛は人を盲目にしますね 夫との初めてのデート 私の初恋の人 幼馴染との初恋 幼稚園のころの初恋の思い出 振り向いた彼女 30代の結婚は安定した暮らしができそう 40代で結婚するということ 人生経験を積んだ上での晩婚の良さ 女性は晩婚にかぎると思います。 晩婚化について思うこと お互いが歩み寄ることが大事! 結婚の理想と現実 激しい激情よりも、穏やかな愛情 老後を一人で過ごす孤独からの結婚願望 40代の結婚問題。ドラマと実際の結果 お互いのことを考えられる間は「新婚」なのでは? 自営業を継いだ長男との結婚… 結婚したという証明 はじめての妊娠そして出産