Top >  メニュー >  結婚したという証明

結婚したという証明

"結婚するとイコールで、自分の姓が変わると思っているので、自然な事だと思います。
結婚式を挙げても、婚姻届を出しても、結婚当初はあまり実感が湧いてこないのですが、表札に今までとは違う姓が入る事や、違った姓で呼ばれる事で少しずつ実感していくと思います。
いくら、夫婦別姓でも良いとなったとは言え、まだまだ周りは夫婦で同じ姓を名乗っている方達が多いです。
男性からしても奥様が同じ姓の方が、守っていかなければならないという気持ちが大きくなると思います。
そして子供ができた際に、夫婦が違う姓なのは違和感があるように思います。
共働きで子供もいない場合は、夫婦別姓でもあまり違和感はありません。
ただ、家族として見た場合、旦那さんと同じ姓の方がしっくりきます。
私は私だ!という強い気持ちがある場合は、結婚しても姓を変えなくても良いかもしれません。
しかし、この人と新しく家庭を築いて行くんだと言う思いを考えると、結婚したという証になる意味でも、姓が変わる方が良いと思います。"

メニュー

関連エントリー

結婚相談所の種類 結婚相談所での流れ 結婚相談所に興味を持っている人とは 結婚相談所のイメージ 結婚相談所のアドバイザー .第一印象はプロフィールと写真である 女性が男性に求めるもの 男性が女性に求めるもの 相手の方とデートをする時のポイント 条件に拘り過ぎない事 海外ウェディングはバリ島で 恋愛は人を盲目にしますね 夫との初めてのデート 私の初恋の人 幼馴染との初恋 幼稚園のころの初恋の思い出 振り向いた彼女 30代の結婚は安定した暮らしができそう 40代で結婚するということ 人生経験を積んだ上での晩婚の良さ 女性は晩婚にかぎると思います。 晩婚化について思うこと お互いが歩み寄ることが大事! 結婚の理想と現実 激しい激情よりも、穏やかな愛情 老後を一人で過ごす孤独からの結婚願望 40代の結婚問題。ドラマと実際の結果 お互いのことを考えられる間は「新婚」なのでは? 自営業を継いだ長男との結婚… 結婚したという証明 はじめての妊娠そして出産