Top >  メニュー >  人生経験を積んだ上での晩婚の良さ

人生経験を積んだ上での晩婚の良さ

"私が結婚したのは32歳の時、夫は5つ年上でした。
晩婚というほどではないかもしれませんが、早い結婚ではないと思います。
母が離婚して再婚相手との家庭は私にとっては居心地が悪かったので、若い時から家を出たいという気持ちは強かったです。
でも変に現実的でひとりぐらしは大変だということもわかっていたので、嫌でも家で我慢していました。
何度か恋人と一緒に暮らそうかという話しになったこともありましたが、なんだかんだ問題が発生して実現しないままに20代も終わりになり、夫とつきあい始めたのが29の時でした。

今思えば若い時に勢いで同棲したりあるいはそのまま入籍したりしなくてよかったと思います。
それはそれで幸せになっていたという考え方もあるかもしれませんが、ただ家を出たいだけだった思いが強かったので、そのうち相手に嫌になり、でも出た以上家にも戻れなくて困っていたのじゃないかと思います。
ある程度歳をとって分別があるようになってから冷静に相手を見極めて結婚するという意味では晩婚の方がいいのではないかと思いました。"

メニュー

関連エントリー

結婚相談所の種類 結婚相談所での流れ 結婚相談所に興味を持っている人とは 結婚相談所のイメージ 結婚相談所のアドバイザー .第一印象はプロフィールと写真である 女性が男性に求めるもの 男性が女性に求めるもの 相手の方とデートをする時のポイント 条件に拘り過ぎない事 海外ウェディングはバリ島で 恋愛は人を盲目にしますね 夫との初めてのデート 私の初恋の人 幼馴染との初恋 幼稚園のころの初恋の思い出 振り向いた彼女 30代の結婚は安定した暮らしができそう 40代で結婚するということ 人生経験を積んだ上での晩婚の良さ 女性は晩婚にかぎると思います。 晩婚化について思うこと お互いが歩み寄ることが大事! 結婚の理想と現実 激しい激情よりも、穏やかな愛情 老後を一人で過ごす孤独からの結婚願望 40代の結婚問題。ドラマと実際の結果 お互いのことを考えられる間は「新婚」なのでは? 自営業を継いだ長男との結婚… 結婚したという証明 はじめての妊娠そして出産